うなぎのにわ

細長~い花壇で、細く長くガーデニングを愉しむ。

イポメア・テラスライムに新芽!

こんにちは。雨凪です。

 

テラスライムの新芽が出てきました。

冬越しに初めて成功です。わーうれしい^^


テラスライムは、ヒルガオ科イポメア属のつる性植物。

サントリーから「テラスシリーズ」として販売されており

涼し気な明るいグリーンのテラスライム

黒っぽい色でメープルのような葉のテラスメープル

の2種類があります。

f:id:un-agi:20200519141426j:plain

 ※画像お借りしました

 

夏の暑さに非常に強く、どんどんつるを伸ばします。

グリーンカーテン、ハンギング、寄せ植え、地植え。

使い勝手も見た目も良いイケてる植物ですよw

 

寒くなると地上部が枯れたようになり

株元を掘るとサツマイモそっくりのイモがどかーんと現れます。

これを掘り上げて冬越し→上手くいけば翌年に再び発芽、という具合。

 

ネット情報によればイモの保管方法はいくつかあるのですが

新聞紙にくるんで冷暗所保管は過去に失敗したので

今回は鉢にまとめて植え込んで日や雨の当たらない北面に

じっと置いておく、という方法をとってみました。

 

だいぶ気温が上がっても、ウンともスンともいわないので

業を煮やして鉢から取り出してみたりもしましたがw

あいかわらずきれいな紫色のサツマイモだったので

再び鉢に埋め戻し、日なたに場所を移動→たまに水やり

を続けていたのでした。

 

埋めたイモは全部で5個。

ポジション的に発芽してないイモもありそうですが

我が家のような狭い花壇では、地植えにすると1株でも

持て余すほど生育旺盛なので、まあ問題なしですw

 

 *

 

おまけのクリスティアーナ

珍しく良い感じに撮れたのがあったので載せますよ。

画像で見ても、つくづく上品なバラですね。

 

この雰囲気とそっくりで、もうちょい全体にピンクの乗った

ロードリー・オベロンというイングリッシュローズがありまして

過去に見た、息を飲むような美しい花が忘れられません。

クリスティアーナで穴埋めできるかなと思ったけど

どうやらソレはソレ、コレはコレらしいのでw

今年こそはオベロンを入手しようと思っています。

ダービーも一緒にね。(ΦωΦ)キラーン+

  

3年生大苗を初購入

こんにちは。雨凪です。

 

えーと、母の日はもう終わったんですっけ?

とにかくイベントに疎い雨凪家ですが、母の日に関しては

バラやクレマチスの開花時期と大体かぶっているため

義母には咲いている花を好きなだけ切花にしてもらうことで

「母の日のプレゼントらしきもの」としていますw

 

義母もとても喜んでくれますし

私のほうはプレゼントに頭を悩ませることもなく

+αの支出も発生せず、まさにwin-winですよ。 

 

 

前回の記事で

スノーグースの相方にふさわしいのはやっぱりERだなと。

それも、ひらひら咲きでもコロンコロンのカップ咲きでもなく

ふわふわのロゼット咲きでないとダメですw

となると私の脳裏にはもうあのお方しか思い浮かびません。

 

と書いた、そのお方がやって来ました!

 

クラウン・プリンセス・マルガリータ

お迎えするのは2回目となります。 

 

今回、初めて3年生大苗をいうものを買いました。

店頭でもネットでもあまり見かけないし

値段もそれなりに張るので縁がなかったのですが

 

スノーグースにはマルガリータだ!と検索をかけたら

ヤフーショッピング内で3年生大苗が売られているのを発見。

しかもヤフープレミアム会員限定30%オフという特典つき!!

 

買うしかないやろコレ。

 

ということで、樹高80cmくらいの苗が到着。

初購入で比較のしようもありませんが

ぶっちゃけ30%オフでなければ買わない・・・かな^^;

いやでも出会えてよかったと思っているんですよ。

---

ブログアイコンにするほど大好きなマルガリータ

初代の写真を載せてみます。

この時はノイバラとコラボってました。

いま思い出しても・・最高に絵になる2人でしたね。義母も大絶賛。

トゲも控え目で扱いやすく丈夫な品種です。テッポウムシにやられました。

 

・・ところで「マルガリータしかいない!」と言ったものの

本当のことを言うと他に1品種、候補に挙がったバラがあります。

同じくERで優しい黄色のロゼット咲きのティージング・ジョージア

 

福岡県内で消化器系クリニックを開いている

真島康雄先生というお医者様がいらっしゃいまして

オールドローズイングリッシュローズが中心の

それはそれは素晴らしいバラ庭の主でもあり

昔、ビズ・ガーデン大賞を受賞されています。

バラも素晴らしいのですが、私は虫や病気との付き合い方や

考え方についてDr.真島の影響を少なからず受けていますね。

 

で、そのDr.真島がスノーグースの相方として

合わせているのがティージング・ジョージア

著作本にも画像が載っていますが、スノーグースの蕊と

ティージング・ジョージアの花弁が同じ色だったり

2品種の花の大きさや形状がお互いを引き立て合ったりと

絶妙な組み合わせなのです。

 

でも黄色系はすでに2つ持っているし(C.ダーウィン&G.セレブレーション) 

やはりマルガリータのことが忘れがたいので

後悔しないよう自分の気持ちに正直になって選びました。

 

それと。

1枚目の画像でお気づきの方もいらっしゃるかも、ですが

マルガリータと同梱でもう1株、購入していますw

f:id:un-agi:20200518210929j:plain

やはり30%オフとなっていた3年生大苗のジャスミーナです。 

2株買うと送料無料になりましたのでね。

送料に2000円出すくらいなら追い銭打って・・←送料無料トラップあるある

 

ジャスミーナはトゲが多めで何となくスルーしてきましたが

ちゃんと調べてみるとADR受賞、非常に花持ちが良い、

上品な雰囲気、そして意外なことに遅咲き。

エメ・ヴィベールと花期が合わせられる、という点が

決め手となり購入することにしました。

 

そんなわけで

5月に入って5株も購入している・・・大丈夫か私。

今週末はお天気も良さそうなので、ちょっと頑張りますよ。

 

鉢植えのバラの様子

こんにちは。雨凪です。 

本日は鉢植えのバラの様子です。

 

自作ラティスに誘引したアッシュ・ウェンズディ

壺系クレマチスポンパドールピンクも一緒に絡まっています。

アッシュは本来の花よりも小さく、数も少なく咲きました。

アブラムシがひどくてこれ以上近寄って撮影できません^^;

※信号の位置からも道路との境界ギリギリの危険と隣り合わせの場所?で

バラを育てているのがお分かりいただけますでしょうかw

 

 

スノーグースサンセット・グロウ

下の赤い花は『トゥンバオ』というゼラニウムです。

 

この冬、強引に鉢上げしたスノーグース。

生育が心配でしたがちゃんと開花してくれました。

スノーグースは、もはやお守り的存在というか

そこにいるだけで安心感があります。

 

初お目見えのサンセット・グロウはトゲが多い、花持ちが悪い

といったマイナス点もありますが、それらを補って余りある魅力が

詰まっているバラだというのは何とな~く分かりました。

また個性的でとても花付きがよいので、コラボよりも

単独で主役を張るほうが映えそうだとも思いました。

 

で、スノーグースの相方にふさわしいのはやっぱりERだなと。

それも、ひらひら咲きでもコロンコロンのカップ咲きでもなく

ふわふわのロゼット咲きでないとダメですw

となると私の脳裏にはもうあのお方しか思い浮かびません。

 

・・というわけで、またも急きょバラをお迎えしました。

これについては、また後日。

 

ちなみにサンセット・グロウは単独で魅力を存分に発揮できる

とっておきのステージを用意できました。

もう置き場所がない!と嘆きつつなぜかスペースが見つかる不思議さよw

気ままに返り咲いて、また楽しませてもらいたいです。

 

 

バラ&クレマチスのコラボコーナー。

群星とクリスティアーナを植えている狭小花壇付近に

深型プランターを3つ並べて、バラとクレマチス計6株を植えています。

 

手前に白万重、濃い紫はアフロディーテ・エレガフミナ

藤色のバラはレイニーブルー、奥に小さく見える蕾はテッセン

 

すこし上のほうにはセント・エセルバーガ可愛すぎかっ

ほどよく枝を伸ばすシュラブで病気にも強いらしいので

花壇に移植しようかなと思っています。

マダム・アルディは養生中につき今年の開花はお預けです。

 

下草はライムグリーンのリシマキア・ヌンムラリア・オーレア

クレマチスは株元が直射日光に当たりすぎるのを嫌いますが

枝葉は日光を好み、なおかつ乾燥は苦手で水分を欲しがるという

ワガママさんなので、グランドカバー植物を植えると良いです^^

 

ベランダにある鉢植えのバラは、一番花を撮りそびれたものが多く・・

なんとか間に合ったものだけ。 

イングリッシュローズチャールズ・ダーウィン

マスタードな雰囲気が若干弱いですね。

マスター、次はもっとマスタード強めでお願いします。←さらっと読むところ

 

 

ポール・ネイロン

鉢上げしたらガッツリ大輪の花を咲かせてくれました。

バラは手をかけた分だけちゃんと答えてくれるんだってことを

思い知らされます。 

 

といったところで鉢植えのバラは以上です。

 

 

 

花壇のバラの様子と買ったバラ

お久しぶりです。雨凪です。

 

我が家に5つある花壇のうち、3つにバラを植えています。

今回は、花壇のバラの様子を誘引直後と比較しながらご覧下さい^^

 

まずは和風花壇のエメ・ヴィベール

葉の展開はいたって普通なのに、開花はめっちゃ遅いヴィベールですが

その後も返り咲きますし(秋花は非常に美しい)、丈夫、トゲが少ない、

葉っぱもキレイと総合的にレベルが高いのではないかと思います。

明るいグリーンで涼やかな葉は和風花壇でも違和感がありません。

私の密かな推しバラですよ。

 

 

f:id:un-agi:20200430004424j:plain

狭小花壇に身を寄せ合うクリスティアーナ群星です。

 

別の角度から。

群星は昨年より一段と蕾の数が増え

ブーケのように固まってたくさんの花が咲いています。

おかげでクリスティアーナの存在が完全に霞んでいますw

 

まぁ、群星のほうが若干開花が早いうえに

クリスティアーナの蕾は数えるほどなので仕方ないですね。

ゆっくり成長するらしいので、気長に見守りたいと思います。

 

 

f:id:un-agi:20200105165255j:plain

 

いちばん広いバラ花壇です。

うーん・・・勢いがなく枝葉の展開が悪い株が目につきます。

特にこの花壇の主役である3本のピエール・ドゥ・ロンサール

2本は植え付けから十数年経過した古株でテッポウムシの食害歴あり。

うち1本はかなりのダメージを受けており復活は厳しい感じです。

他の1本は数年前に長尺苗で買ったのですが、当初からあまり良い苗とは

言えず、なかなかポテンシャルが上がりません。

 

というわけで、急きょ入れ替え用の苗を買いました。

 

ピエール・ドゥ・ロンサールの大苗2本

フランソワ・ジュランビルの新苗1本

「バラの家」さんより即納で到着です。

 

この時期の大苗はプロの管理によって立派に生育しているはず!

という目論見どおり、ピエールは立派な大苗が届きました。

 

新苗のジュランビルもかなり良苗でしたよ。

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラーと双璧をなす

ランブラー界の大御所(個人的な見解)ですから

新苗でもあっという間に大きくなると思います。

正直「禁断の扉を開けてしまった」感もありますが・・^^;

 

そんなわけで、花後に株の入れ替え作業を頑張る予定です。 

次回は鉢植えのバラをご紹介したいと思います^^

 

球根植物の中でいちばん好きな、オーニソガラム・ソンデルシーを買い足し

こんにちは。雨凪です。

 

タキイ種苗で予約注文していた球根が届きました。

オーニソガラム・ソンデルシーです^^

オーニソガラム・サンデルシーとかソーンデルシーと呼ばれることもあります。

 

オーニソガラムにはいくつか種類がありますが、

私は断ッ然、ソンデルシー推し!

ていうか球根植物の中でもいちばん好きなんですよね。

 

丈夫で暑さに強く、暖地なら基本的に植えっぱなしでもOK。

草丈は、我が家では70~80cmで止まっちゃいますが

環境が良ければ1mを超します。

 

f:id:un-agi:20200415124742j:plain

どうです~~この花の可愛らしさ。※画像お借りしました

ブライダルブーケでも人気の花で、切り花でも高いし

球根も強気の値段設定なんですよね^^;

 

私が調べた限りでは、タキイ種苗か国華園がねらい目です。

もっともタキイ種苗は5球で1100円だったのを1500円に値上げしましたけどね・・・チッw

 

f:id:un-agi:20200415124754j:plain

今はバラ花壇の一角に7~8球植えているのですが

今回さらに5球、買い足しました。

ついでにゼフィランサス・キャンディダも注文。

別名の「たますだれ」のほうが馴染みがあるかもしれません。

右がソンデルシー、左がキャンディダです。

ソンデルシーは里芋、キャンディダはどんぐりくらいの大きさ。

 

バラが終わったあと、初夏の蒸し暑くなってきた頃に

この2つの白い花が咲いて涼しげな風景を作ってくれたら

いいなあと思っています。

 

「趣味が園芸」で良かったなと思います

こんにちは。雨凪です。

またまたお久しぶりになりました。

 

コロナウィルスの感染拡大が重大局面にさしかかっています。

 

遊びに行ったり飲みに行ったりできなくて

ストレスが溜まるのも分からなくはないんですが、

自宅や人の少ない場所でできることを見つけて

上手に楽しい時間を過ごす人もいます。

積ん読になっていた本をじっくり読んだり、

部屋の掃除や片付け・あるいは断捨離、

筋トレするって人も結構見かけます。

体力や免疫力を上げるために食事や睡眠に気を使ったり

会社でも極力接触機会を減らす工夫をしながら仕事を進めたら

弊害どころか効率アップで、もうずっとこれでよくね?ってなったり。

 

私はもともと完全インドア派で、家にいるのが苦痛じゃないタイプ。

ちょっと小洒落たレストランで食事とかラグジュアリーな旅行とか

非日常モードや華やいだ気分を味わうことが、リフレッシュどころか

むしろストレスになってしまうところがあります^^;

 

朝、一通りの家事を済ませて外へ出て、

ポコッと出てきたバラの新芽を発見したり

雨に打たれてギューンと伸びた枝葉を見るほうが

私にとっては何倍も感動的でワクワクするんですよね。

 

なのでコロナウィルスによって外出しづらくなっても

食料品・日用品の買い出しを除けば、まったく問題なしです。

普段から生協やロハコを愛用しているので、買い出しも超少ないですけどねw

 

今季は新たにお迎えしたバラ苗がたくさんあります。

ネット通販で注文しておいた宿根草や球根もぼちぼち届いています。

植え付けたり、水や肥料をあげたり、じっくり観察したりと

まあやることは普段と変わらないんですが、

暖かくなった日ざしや風、土や水に触れることも含めて

園芸は自宅にいながら一人でも楽しめる最高のレクレーションです。

 

家族や近所の方に「いい趣味だね。楽しそうだね。」って

よく言われるんですけど、私もまったくその通りだと思いますw

 

新メンバーの中でも飛びぬけて元気なサンセット・グロウ。蕾が見え始めました^^ 

 

クリスマスローズ初開花

こんにちは。雨凪です。

ちょっとご無沙汰してました。

 

クリスマスローズの花が咲きました~^^

f:id:un-agi:20200312133453j:plain

今年の開花はないと思っていたので嬉しいです。

タグの写真どおりの美しい姿で咲いてくれました。

 

f:id:un-agi:20200312134029j:plain

日差しにあたると浮かび上がる花びらの透かし模様も美しいです。

写真の腕のなさが悔やまれますw

 

f:id:un-agi:20200312134106j:plain

もう1つ、蕾が上がってきました。

 

他の2品種は蕾がつきそうな気配はありません。

来年以降開花見込みの苗を買ったので

この子だけが嬉しい誤算です。

エネルギーを使い果たさないか心配ですけど。

 

ところで、多くのブロガーさんがアップしてくださっている

クリスマスローズの花を眺めていて気付いたことがあります。

それは、どうやら私は「セミダブル」が好きだということ。

シベの周囲にきれいに織り込まれたプリーツ状の花びらが

あまりにも職人芸すぎて、自然の造形のすごさに感動です。

 

我が家にもセミダブルタイプが1つあるので、

来年の開花が今から待ち遠しいです。^^